院内案内

院内風景
私達は、患者様への治療を最適に行なえるように最新の機器を導入しています。

歯科用CT
三次元の高画質画像を用いることで、断層方式パノラマエックス線撮影法や口内法エックス線撮影法では判別できない、詳細な情報が得られます。インプラント、親知らずの抜歯、などの歯科治療・診断に用いています。

デジタルレントゲン機
従来型の1/2~1/10の線量で撮影できます。

ノーベルガイド(http://www.nobelbiocare.co.jp/product/guided_surgery/nobelguide.html
ソフトウェアと歯科用CTを利用し、インプラントの治療計画シミュレーションから埋入までの一連のインプラント治療をより安全で、正確にサポートし、予知性・安全性を更に向上させる画期的なシステムです。
このシステムで今まで不可能な症例も、骨量と骨質、重要な解剖学的構造から適したインプラントの埋入が可能になりました。